モビット 池袋

無計画な人物

無計画な人物

 

お金がある人はそもそもお金を借りません。お金がないからお金を借ります。当たり前の事ですが、この前提で考えるとお金がある人とない人では明らかに差が生じています。その差は計画性だと考えます。その為、お金がないからお金を借りる人=計画性が無い人物とイメージします。お金を借りない人は、給料やこの先出ていくだろう支出等のバランスを考えて計画的に生活を営むわけですから、支出が収入の範囲内となりお金を借りる必要がありません。そして借りる人はその逆で支出が収入を上回っている為、計画性がないと言えます。状況的に正社員というよりも無計画なので非正規社員又は失業者なイメージです。だからお金を借りると繋がります。借りる対象として例えば友人。友人から借りたとしても無計画なので基本的に返せないと思います。返せなければ信用を失います。そうすれば自然と周りから人は去っていき周りに人がいないイメージです。借りる先が無くなれば消費者金融でしょうが、返せないのでそのまま自己破産してしまうような方をイメージします。つまりは計画性がないからこそだと考えます。

 

計画性がない、我慢が足りないイメージ

 

無計画な人物

 

そもそも、何故借りなければいけなくなるのか理由が疑問です。車や家など、大きな買い物をした場合には、当然一度で払ってしまうことが出来る人はほんの一握りでしょうが、ローンを組めばよい話です。ローンを組んだけれど苦しくなって借りてしまう、あるいはそんなに大きな買い物はしていないけれどお金がなくて借りてしまう、というのは、つまり、自分の収入に合った買い物が出来ていないのだと思います。突然勤めていた会社が倒産し収入がなくなった、等特殊な場合は別ですが、そうでなければ大体自分の使えるお金は把握出来るはずです。自分の使えるお金をきちんと把握出来ていない、あるいはその見極めが甘い、計画性のない方なのかなと思います。貯金も出来なさそうですし、家庭を築くことが出来なそうな方なのかな、といったイメージです。また、欲しいものやしたいことが我慢できないということだとも思うので、我慢が足りないのだとも思います。守銭奴でけちけちし過ぎている人は人付き合いが悪く友達が少なそうなイメージですが、たくさん遊んでいても、度が過ぎて借金してしまう程ではかえって信用をなくしてしまうと思います。