モビット 池袋

借金地獄

借金地獄

 

基本的には通常、今ある現金以上のものを購入するというは危険だと思っています。ボーナスなど確実に今度収入の予定があれば別ですが。お金が足りないというは現金の管理能力が低い方で、お金が足りなくならないように実際の収入に見合った支出にすれば良いと思います。借りてまで必要な物ってなんでしょう。これはもう負の連鎖しかなくお金を借りるなんて絶対やめたほうがいいと思います。もちろん借りたものは返さなくてはならないので、それには利子は付くし、利子なんて全く無駄な出費です。少し考えればお金を借りるということがいかに無駄な事か気づくはずです。お金がなかれば何も買わない、使わない。お金があれば買う、これが普通の思考です。実際自分も収入がない時は購買意欲はかなり失せています。現金がないのですから。払える見込みがないのですから。必要最低限以外のものはなにも購入しません。カタログなどもみません。見ると欲しくなりますから、見ないに限ります。

 

自己管理できない人

 

借金地獄

 

お金を借りる人というイメージは本当に、しっかりしてなくて、他人に依存して、無責任な人というイメージです。実は身内におります。この人は本当に無責任で、平気で自分の子供の名前でお金を借りて、家族を窮地に追い込むような人です。本人はのほほんとしていますが、周りは本当に迷惑で、困り果ててしまいます。この人の特徴は、お調子者、未来の人生設計ができない、目前のことだけしか考えられない、その場だけをどうにか切り抜ける、自分にはお金が一円もないといいきってその場をごまかす、等です。国民健康保険も年金も払ってなくて、結局自分の子供たちの扶養に入れてもらってどうにか人生後期を過ごすという情けない、人種です。高利貸しに何社も平気でお金を借りて、利子が払えなくて、またその利子を払うために、他社から借りて、どんどん借金がふくらむというまさにステレオタイプの人物なのです。お金を借りる人でいいイメージの人は一人もいないでしょう。